読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南ポタクライマー

湘南でのロードバイク、ランニング、オーディオ生活などを綴っています

フロア塗り

GWの溜まった家事第二弾はまたペンキ塗り、今度はLD(リビングダイニング)のフローリングです。

LDのフローリングは細身のオーク材、築約30年のシロモノです。入居したときはニスが厚く塗られ黒光りした状態、まるで漆塗りの松本民芸家具のようでした。それはそれで味があると言えなくもないのですが、何となく汚れの層が幾重にも重なっているような気がして、リフレッシュさせてやりたくなりました。そこで、昨年の暮れからワックス剥がしを使って少しずつ塗料を取り除き、白木に近い状態に戻してあげることに。そして今年の春先にようやく全面の剥がしが完了しました。

f:id:ma2sun:20170507205515j:image

これがその状態です。さすがにまるで無垢材のように、とまでは言えませんがだいぶ白くなりました。木材も久しぶりに呼吸ができるようになったのではないかと勝手に思っています。

f:id:ma2sun:20170507173058j:image

折角その状態になったのだから、次に塗るのは呼吸を妨げないオスモと決めていました。しかしなかなか着手出来ずに数ヶ月が過ぎてしまい、GWのメインイベント?になった次第です…

f:id:ma2sun:20170507204145j:image

今回使ったオスモは、フロアクリアーエクスプレス(3分つや)という塗料です。フローリング用保護材の定番ですが、エキスプレスは速乾タイプ、3〜4時間で乾くため1日で2度塗り可能というのが売りです。3分つやと艶なしが選べますが、事前にサンプルを取り寄せて試し塗りした結果、3分つやにしました。元々の木材が古いため、多少艶があった方が見映えがよいかなと。

マスキングテープで養生を済ませて早速塗装開始。ウッドデッキの時に活躍したコテバケを今回も使用しました。粘度が高いため力は要りますが、ほぼ1ストロークで塗れるためあっという間です。今回もウッドデッキ同様9m2を2度塗りできる0.75L缶を2缶用意しました。LDの面積は約25m2ですので足りないかと思いましたが、ウッドデッキと違い塗装の乗りが良いため2度塗りでも余裕で間に合いました。因みに乾燥はさすがに3時間とはいかず、結局全スペース塗り終えるのに2日間を使用。

f:id:ma2sun:20170507211034j:image

塗った後はこんな感じ。濃過ぎず薄過ぎず好みの色に仕上がりました。ウチのほとんどの家具は昭和テイストなカリモク(全て中古品)なのですが、似た様な風合いです。乾けばもう少し落ち着くでしょう。後はどのぐらい長持ちしてくれるかです。来年またGWのメインイベントにならないことを祈ります^^;