読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南ポタクライマー

湘南でのロードバイク、ランニング、オーディオ生活などを綴っています

裏半

ウラハン、裏半原のことです。ん〜いい響きだ♩略して呼ぶのは自分だけ?

今日は会社が休みだったので、宮ヶ瀬方面に足を伸ばすことにしました。と言っても相変わらず午前中縛り、そこで近くまで車載し、オイシイところだけ楽しむことに。何はともあれ山だ山田ヤマダ♩久しぶりの山にテンション上がりまくりです!

10年近く前、相模原にある賃貸マンションに住んでいました。都心の会社までは電車で1時間半、ナンデそんな田舎に?とよく聞かれましたが、その時はまさか、ヒルクライム好きが高じて、とは言えなかった…今は自転車はメジャースポーツ、市民権を得たから堂々と言えるかな?

その時、毎週末のように通っていたのが半原越。宮ヶ瀬にあるマイナーな峠です。清川村の県道から入るのを表半原、412から入るのを裏半原と呼びます。坂バカの自分は裏が好み。距離が短い分、勾配がキツめです。最大斜度は15%ぐらい?因みに、記憶の中の勝手な激坂ランキング(この近辺)は、和田峠<裏半原<風張林道です。現役当時も相当手こずった記憶がありますが、あれから10年。すっかりオジサン、イヤあの時もすでにオジサンだったからオジイサンになった糖尿病ヨビグンの自分に、ラルプドゥエツのように立ちはだかる裏半原が登れるのだろうか???(水曜どうでしょう風…)

 

前置きはこのくらいにして、朝7時、クルマで自宅を出発。新湘南バイパス圏央道と繋いで1時間で相模原ICに到着。ん〜便利になったもんです。

f:id:ma2sun:20170502154956j:image

IC近くにある津久井湖畔の駐車場にクルマを停めて準備します。ここは昔テニスでよく利用したところ。桜の名所でもあります。

トイレを済ませて出発!当時のルートに従い一旦、新小倉橋まで戻りそこからスタート。立派な二車線道路は圏央道のICへ繋がりその先までまっすぐ延びていますが、自分は宮原から旧道に入りました。ココは適度なアップダウンがありウォーミングアップにぴったりです。

暫くして412のT字路へ。左折してダラダラ坂を登ると右手に現れるのがオギノパン。

f:id:ma2sun:20170502160752j:image

新しくできたのですね。サイクリストに揚げパンが人気だそうですが、あまり惹かれないのでスルー。丹沢あんぱんというノボリも立ってますが、そんなん昔あったっけ?

その先の下り坂(逆側は登坂車線)は昔、大会前によくインターバルトレーニングに利用していたところです。二車線あるので、もがいてフラついても大丈夫(なワケない)。

そのまま暫く進み、半原小学校入口で右折。

f:id:ma2sun:20170502161926j:image

この先の直線もトレーニングによさげな坂ですね。傾斜10%の標識があります。

f:id:ma2sun:20170502162128j:image

坂の終わりの交差点を左折。まっすぐ行けばトンネルをいくつかくぐって宮ヶ瀬湖に出ます。

f:id:ma2sun:20170502162354j:image

裏半原の入口はココ。標識などはありません。

f:id:ma2sun:20170502162500j:image

そして、いよいよ裏半原の林道に入ります。昔、この辺りで熊出没注意のカンバンをよく見かけました…

林道は狭く、両脇やセンターに砂利が溜まっている箇所もありますが、そんなに荒れていることもなく概ね快調です。最近は利用者が増えちゃんと手入れされているのかも。

f:id:ma2sun:20170502162712j:image

炭焼小屋(だったかな?)までは下り基調、順調です。

f:id:ma2sun:20170502163418j:image

このカンバンから激坂の始まりです。この先のコンクリ路面が恐らくコース中最大斜度。果たして登れるだろうか??

f:id:ma2sun:20170502163919j:image

と気合いを入れて挑みましたが…あれ?意外に登れます。

f:id:ma2sun:20170502165911j:image 

背中のポケットからスマホを出して片手で撮影できる余裕も。先日、湘南平のパンダ坂でこれをやろうとしたらコケそうになりました。。

恐らく、これは距離の関係でしょう。湘南平は急坂の直線が300mぐらい続きますが、こちらは九十九折り、一瞬辛くてもカーブでひと息つけます。そう考えると湘南平も隅に置けないですね!

f:id:ma2sun:20170502171824j:image

激坂区間をクリアすると気持ちにゆとりが生まれ、というかそもそも歩くぐらいのペースですが、鼻唄混じりで登ります。この辺りはホントに新緑がキレイでホッとする〜♩

f:id:ma2sun:20170502172014j:image

湧き水ポイントを過ぎ、程なくして山頂に到着。眺望は無く、至ってフツーな峠です。

f:id:ma2sun:20170502172108j:image

一応記念にパチリ!

この先は下るだけ。長い長〜いダウンヒルです。長過ぎてブレーキを握る腕が疲れる…

f:id:ma2sun:20170502231630j:image

ようやく清川村側の県道に合流しました。ここを右折します。

f:id:ma2sun:20170502231810j:image

すぐに長い上り坂が始まります。土山峠という名前だそう。半原を越えた脚には堪えますが、勾配はそれほどないのでゆっくり登れば大丈夫。

f:id:ma2sun:20170502234609j:image

宮ヶ瀬湖に出ました。エメラルドグリーンの湖面が見えます。ここからは下りの高速コースで風を切って走れます。ホント気持ちいい!

f:id:ma2sun:20170502232122j:image

この先、 湖の真ん中にかかるやまびこ大橋を左折。そして裏ヤビツの入口、食事処が集まる宮ヶ瀬の中心部を通過。

f:id:ma2sun:20170502235406j:image

欄干にレインボーが描かれた虹の大橋。昔、この先の山の斜面から鹿が飛び出して来て、危うく正面衝突しそうになりました…

f:id:ma2sun:20170502235659j:image

鳥居原ふれあいの館で小休止。ここはサイクリストの休憩ポイントとして有名。サイクルラックもあります。たまにショップの試乗会が開かれていたりもします。

f:id:ma2sun:20170502235928j:image

宮ヶ瀬湖の風景にしばし癒された後、帰路へ。

串川沿いの道で412に戻ります。この道、学生時代の走り屋?の時から道志への抜け道として利用していましたが、のどかな風景で何気に好きです。下りでスピードも乗り、スパゲッティ青山の辺りでルート中の最高速度を記録。

f:id:ma2sun:20170503001947j:image

最後に、気になっていたお店に寄り道しました。413沿いにあるゼブラコーヒー。サイクリスト御用達で、クロワッサンが名物だとか。パン好きの自分としてはチェックしとかないと。

f:id:ma2sun:20170503002307j:image

店内はこんな感じ。工場を改装したようで広々しています。お客さんの9割はローディーでした(お洒落なサイクリストとして一応そう呼びます)。でも、落ち着いた雰囲気の中にジャージ姿のローディーがいるのって、何となくミスマッチな感が…

f:id:ma2sun:20170503003033j:image

何と店内にサイクルラックがあります。ところでよく見ると、みんな最新のいいバイクですね〜。ブレーキの位置も違っていたりディスクだったり。比べると自分のは完全に旧車です…

f:id:ma2sun:20170503003706j:image

注文はもちろんクロワッサン、そしてコーヒーにしました。クロワッサンは噂どおりの大きさです。さすがにここまでデカイと味は想像が付きます。ライティング後でお腹が空いていたから完食しましたが、普通に来たら無理でしょう。というか、もうオーダーしないと思います。コーヒーはフレンチプレスて言うの?美味しかったです。後、トイレも広く綺麗でした。

f:id:ma2sun:20170503005718j:image

口直し?にもう1軒パン屋さんに寄りました。昔よく行ったパルムドールさんです。新小倉橋近くのカインズの隣にあります。

f:id:ma2sun:20170503010036j:image

こちらのアナナスというパンがお気に入り。中に入っているつぶつぶパイナップルの甘酸っぱさとクリームチーズのコンビネーションが堪らない逸品です。

 

と、最後に脱線してしまいましたが、やっぱり山はサイコー!ですね。特に宮ヶ瀬は開放感があり気持ちいいです。途中、たくさんのサイクリストに出会いましたが、今はどこの場所にもサイクルラックが置かれて便利になりました、自転車天国ですね。また是非走りに来たいと思います。もう少し近ければ文句ないのですが…^^;

 

 *今日のエクササイズデータ*
距離:44.38km
タイム:2時間16分02秒
平均スピード:19.6km/h
カロリー:1187カロリー