湘南ポタクライマー

湘南でのロードバイク、ランニング、オーディオ生活などを綴っています

ヘルMET

今年は久しぶりにチャリを再開しようと思い、ヘルメットを新調しました。悩んだ末に決めたのはMETのリヴァーレです。

f:id:ma2sun:20170416121538j:image

今まで使っていたのはBELL製。イタリア好きな自分ですが、ヘルメットといったらBELLしかない!とその時は即決でした。当時はクルマのレースに興味があり、レーサーは皆BELLを愛用していてプロっぽいイメージに惹かれたんですね。

f:id:ma2sun:20170416121901j:image

それから十ウン年、最近は色々なメーカーがあってさっぱり分からないため、お店でリサーチすることに。どこのお店にも置いてあり店員さんイチオシなのは、KASKのモヒートでした。被ってみると確かに守られ感というかホールド感抜群。後頭部のバンドが可動式で頭の付け根まで下がり、そこで締められるのです。KASKは2003年創業の新しいメーカーのようですが、パッドの厚みなどを見てもクオリティが高く、人気の理由が分かります。

しかし、被り心地は気に入ったものの、鏡で姿を見てみると何となくキノコ感が強いと感じました。前のBELL製ほどではないですが、カタチがトラディショナルなんでしょうか。イマイチ購買意欲が湧きません。

そこで、被ったときの見た目で選んだのがリヴァーレ。とてもコンパクトでスッキリしています。エアロヘルメット?とかで空力を狙った形状みたいですが、とにかく見た目がシンプルで気に入りました。締め付け調整用のバンドも頭を一周するようになっておりホールド感も悪くありません。

f:id:ma2sun:20170416124059j:image

実際に走って見ても、選んで正解でした。すぐに頭に馴染んで存在を全く意識させません。これは230gという軽さと、もしかしたらエアロ効果とやらもあるのかもしれません。まあ、ビンテージのBELLと比べたら最近のは皆そう感じるのかもしれませんが…^^;