読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南ポタクライマー

湘南でのロードバイク、ランニング、オーディオ生活などを綴っています

ザ・プリンス箱根芦ノ湖

今日は芦ノ湖プリンスに泊まりました。こちらの建物は造りがとてもユニークでワクワクします。

f:id:ma2sun:20170319002708j:image

エントランスロビーから部屋へ続く通路がまず印象的です。

f:id:ma2sun:20170319002811j:image

アールを描いた天井の木はサクラで、照明の周りのキラキラは貝殻が埋め込まれているとか。両側には瀟洒なテーブルセットとガラスケースがいくつも配置されています(ケースの中身は動物をモチーフにしたモニュメントでした)。自動ピアノの演奏が流れ、とても優雅な気分に浸れます。

そして、部屋の建物が特徴的です。

f:id:ma2sun:20170319005049j:image

ドーナツ状になっており、部屋はそれを約20等分した形。内側の円弧が通路でそこに各部屋のドアがあります。1階がレストラン、2階と3階が客室。これが東西2棟あります。1978年築だそうですが、よくこんな複雑な構造の建物を造ったものだと感心します。

泊まった部屋は南東の芦ノ湖ビュー。富士山はバルコニーから乗り出すと僅かに見えました^^;

f:id:ma2sun:20170319005244j:image

ここの良いところはレイクサイドのプライベート感。湖のほとりがそのままホテルの庭になっています。小田急山のホテルも広大な庭が売りですが、あちらは湖沿いに道路が走っています。また、こちらは芦ノ湖の中ほどに位置するため視界に人工物が全くありません。

夕食はなだ万の懐石、朝食は同じくなだ万の和定食か、洋食レストランのバイキングが選べます。

f:id:ma2sun:20170319175020j:image

なだ万は味付けがちょっと濃いかな?と思いましたがホテルの夕食としては中々でした。朝食の時はこんな富士山を眺められる席もあります。

f:id:ma2sun:20170319181256j:image

因みにお風呂は離れの天然温泉、露天もある大浴場です。掛け流しではなくちょっと風情には欠けます。

ですが、全体的には大満足。また来たくなるホテルでした。