湘南ポタクライマー

湘南でのロードバイク、ランニング、オーディオ生活などを綴っています

サイコン

バツイチの結婚ではありません。が、これが2度目のガーミンです。何のこっちゃ?

そう、サイコンはサイクルコンピュータのこと。今年初め、ランニング用としてvivoactive J HR(以降、vivoactive)を購入したのがガーミンとの馴れ初め。それをサイコンとしてチャリにも流用していましたが、機能的には問題ないものの、腕にした角度ではライディング中ほとんど画面が見えないという致命的な欠点が…。そこで、2人目いや2台目のガーミンとしてEdge25J(以降、Edge)を使い始めましたのでレポートしたいと思います。 

まずはカタチから。Edgeはガーミンのサイコンの中で最小サイズ。今はナビが付いた一見スマホみたいなサイズのものが主流と思いますが、スマートなロードバイクにはゴテゴテし過ぎて個人的にNG。その点、Edgeは腕時計サイズでパーフェクトです。

f:id:ma2sun:20170503155338j:image

付属のアタッチメントでステム、ハンドルバーどちらにも付けられますが、両方試してハンドルバーにしました。以前ポラールの腕時計型サイコンをこの位置に付けていたこともあり。

次に機能面。心拍はvivoactiveをトランスミッターとして使います。ANT+と言う方式でEdgeへ飛ばすのだとか。因みにその時のvivoactiveの画面はこんな感じ。

f:id:ma2sun:20170503155607j:image

改めて、心拍を腕で取れる手軽さは格別です。

Edgeの画面は未だに白黒液晶。操作はタッチパネルではなく左右に4つ付いたボタンです。この方が操作間違いは少ない?

アクティビティ(ライディング)中の表示はvivoactiveと似ており、3分割の画面1と2分割の画面2で計5種類の情報が見られます。問題は表示できる情報。タイム、距離、スピード、平均スピード、カロリー、ケイデンス、総上昇量、高度の全8種類から選択します。

f:id:ma2sun:20170503164640j:image

f:id:ma2sun:20170503164701j:image

あれ…?肝心の心拍がない!そんなはずはないと見直しても見つかりません。調べてみると、心拍は心拍計接続時に別画面で表示されるとのこと。ということはスピード、ケイデンス、心拍が同じ画面で見られないの??なんじゃそりゃ!?です。ライディング中のモニターはこの3種類がテッパン。心拍はいわばクルマのタコメータータコメーターがないスポーツカーがありますか?あーた!…と叫んでもアフターカーニバル_| ̄|○

別に表示される画面が心拍の他にもう1つありました、時計です。画面1→画面2→心拍→時計の順で切り替わるアンバイ。って誰がいちいち時計見るんじゃいっ!?画面の切り替えは手動でボタンを押す他、自動のスライドショーもありますが、見たい時に見たい情報を得られないのはストレスです。

…と、この時点で評価は限りなく0点なのですが、気を取り直して冷静に見ても、タイムトライアルに必要なラップ表示がなかったり、坂バカに刺さる勾配情報がなかったり、ちょっとプアな感は否めません。。

結局クニクノサクとして、画面1はタイム&距離&高度、画面2はスピード&ケイデンスとし、ライディング中は画面2をメインで表示させることにしました。イメージはこんな感じ。

f:id:ma2sun:20170503165016j:image

画面1

f:id:ma2sun:20170503165036j:image

画面2

f:id:ma2sun:20170503165144j:image

心拍

f:id:ma2sun:20170503165209j:image 

時計(これ、いらない…)

因みに、心拍はvivoactiveの画面にも表示されますので、それで確認しようと思えばできます。ってそれではEdgeを追加した意味が無いか…(~_~;)

その他の機能として、設定したルートを線で示す簡易的なナビなどもありますが、画面サイズ上、これで分かるのだろうか?というレベルだし、そもそもナビ機能は求めていないためこのレビューは割愛。

とまあ、だいぶ辛口になってしまいましたが、使ってみた感想としては、やはりライディング中にいちいちボタンを押すことはストレスでしかなく(安全面からも避けたい)、必然的に画面は切り替えなくなってしまいます。そうすると、いつも見るのはスピードとケイデンスだけですので、これならわざわざ高いガーミンでなくキャットアイでも十分だったかな、というのが結論でございます(。-_-。)

とは言え、実際にキャットアイを選ぶか?というと選ばないでしょうし、見た目重視の見栄っ張りオヤジ(←自分)にはこれしかなかった、と納得したのでありました…。

と言うか、最後に1つだけフォローしますと、ライディング中、信号待ちや休憩などで計測を一時中止したい場合、自動ポーズという機能が使えます。これは搭載しているGPSが位置を正確に捕捉していることから実現することで、この辺のテクノロジーがガーミンならではなのかなと感じます。

…ナニナニ、キャットアイスマホGPSと連動してガーミンと同じ機能を実現してるって!?(聞かなかったことに…)

裏半

ウラハン、裏半原のことです。ん〜いい響きだ♩略して呼ぶのは自分だけ?

今日は会社が休みだったので、宮ヶ瀬方面に足を伸ばすことにしました。と言っても相変わらず午前中縛り、そこで近くまで車載し、オイシイところだけ楽しむことに。何はともあれ山だ山田ヤマダ♩久しぶりの山にテンション上がりまくりです!

10年近く前、相模原にある賃貸マンションに住んでいました。都心の会社までは電車で1時間半、ナンデそんな田舎に?とよく聞かれましたが、その時はまさか、ヒルクライム好きが高じて、とは言えなかった…今は自転車はメジャースポーツ、市民権を得たから堂々と言えるかな?

その時、毎週末のように通っていたのが半原越。宮ヶ瀬にあるマイナーな峠です。清川村の県道から入るのを表半原、412から入るのを裏半原と呼びます。坂バカの自分は裏が好み。距離が短い分、勾配がキツめです。最大斜度は15%ぐらい?因みに、記憶の中の勝手な激坂ランキング(この近辺)は、和田峠<裏半原<風張林道です。現役当時も相当手こずった記憶がありますが、あれから10年。すっかりオジサン、イヤあの時もすでにオジサンだったからオジイサンになった糖尿病ヨビグンの自分に、ラルプドゥエツのように立ちはだかる裏半原が登れるのだろうか???(水曜どうでしょう風…)

 

前置きはこのくらいにして、朝7時、クルマで自宅を出発。新湘南バイパス圏央道と繋いで1時間で相模原ICに到着。ん〜便利になったもんです。

f:id:ma2sun:20170502154956j:image

IC近くにある津久井湖畔の駐車場にクルマを停めて準備します。ここは昔テニスでよく利用したところ。桜の名所でもあります。

トイレを済ませて出発!当時のルートに従い一旦、新小倉橋まで戻りそこからスタート。立派な二車線道路は圏央道のICへ繋がりその先までまっすぐ延びていますが、自分は宮原から旧道に入りました。ココは適度なアップダウンがありウォーミングアップにぴったりです。

暫くして412のT字路へ。左折してダラダラ坂を登ると右手に現れるのがオギノパン。

f:id:ma2sun:20170502160752j:image

新しくできたのですね。サイクリストに揚げパンが人気だそうですが、あまり惹かれないのでスルー。丹沢あんぱんというノボリも立ってますが、そんなん昔あったっけ?

その先の下り坂(逆側は登坂車線)は昔、大会前によくインターバルトレーニングに利用していたところです。二車線あるので、もがいてフラついても大丈夫(なワケない)。

そのまま暫く進み、半原小学校入口で右折。

f:id:ma2sun:20170502161926j:image

この先の直線もトレーニングによさげな坂ですね。傾斜10%の標識があります。

f:id:ma2sun:20170502162128j:image

坂の終わりの交差点を左折。まっすぐ行けばトンネルをいくつかくぐって宮ヶ瀬湖に出ます。

f:id:ma2sun:20170502162354j:image

裏半原の入口はココ。標識などはありません。

f:id:ma2sun:20170502162500j:image

そして、いよいよ裏半原の林道に入ります。昔、この辺りで熊出没注意のカンバンをよく見かけました…

林道は狭く、両脇やセンターに砂利が溜まっている箇所もありますが、そんなに荒れていることもなく概ね快調です。最近は利用者が増えちゃんと手入れされているのかも。

f:id:ma2sun:20170502162712j:image

炭焼小屋(だったかな?)までは下り基調、順調です。

f:id:ma2sun:20170502163418j:image

このカンバンから激坂の始まりです。この先のコンクリ路面が恐らくコース中最大斜度。果たして登れるだろうか??

f:id:ma2sun:20170502163919j:image

と気合いを入れて挑みましたが…あれ?意外に登れます。

f:id:ma2sun:20170502165911j:image 

背中のポケットからスマホを出して片手で撮影できる余裕も。先日、湘南平のパンダ坂でこれをやろうとしたらコケそうになりました。。

恐らく、これは距離の関係でしょう。湘南平は急坂の直線が300mぐらい続きますが、こちらは九十九折り、一瞬辛くてもカーブでひと息つけます。そう考えると湘南平も隅に置けないですね!

f:id:ma2sun:20170502171824j:image

激坂区間をクリアすると気持ちにゆとりが生まれ、というかそもそも歩くぐらいのペースですが、鼻唄混じりで登ります。この辺りはホントに新緑がキレイでホッとする〜♩

f:id:ma2sun:20170502172014j:image

湧き水ポイントを過ぎ、程なくして山頂に到着。眺望は無く、至ってフツーな峠です。

f:id:ma2sun:20170502172108j:image

一応記念にパチリ!

この先は下るだけ。長い長〜いダウンヒルです。長過ぎてブレーキを握る腕が疲れる…

f:id:ma2sun:20170502231630j:image

ようやく清川村側の県道に合流しました。ここを右折します。

f:id:ma2sun:20170502231810j:image

すぐに長い上り坂が始まります。土山峠という名前だそう。半原を越えた脚には堪えますが、勾配はそれほどないのでゆっくり登れば大丈夫。

f:id:ma2sun:20170502234609j:image

宮ヶ瀬湖に出ました。エメラルドグリーンの湖面が見えます。ここからは下りの高速コースで風を切って走れます。ホント気持ちいい!

f:id:ma2sun:20170502232122j:image

この先、 湖の真ん中にかかるやまびこ大橋を左折。そして裏ヤビツの入口、食事処が集まる宮ヶ瀬の中心部を通過。

f:id:ma2sun:20170502235406j:image

欄干にレインボーが描かれた虹の大橋。昔、この先の山の斜面から鹿が飛び出して来て、危うく正面衝突しそうになりました…

f:id:ma2sun:20170502235659j:image

鳥居原ふれあいの館で小休止。ここはサイクリストの休憩ポイントとして有名。サイクルラックもあります。たまにショップの試乗会が開かれていたりもします。

f:id:ma2sun:20170502235928j:image

宮ヶ瀬湖の風景にしばし癒された後、帰路へ。

串川沿いの道で412に戻ります。この道、学生時代の走り屋?の時から道志への抜け道として利用していましたが、のどかな風景で何気に好きです。下りでスピードも乗り、スパゲッティ青山の辺りでルート中の最高速度を記録。

f:id:ma2sun:20170503001947j:image

最後に、気になっていたお店に寄り道しました。413沿いにあるゼブラコーヒー。サイクリスト御用達で、クロワッサンが名物だとか。パン好きの自分としてはチェックしとかないと。

f:id:ma2sun:20170503002307j:image

店内はこんな感じ。工場を改装したようで広々しています。お客さんの9割はローディーでした(お洒落なサイクリストとして一応そう呼びます)。でも、落ち着いた雰囲気の中にジャージ姿のローディーがいるのって、何となくミスマッチな感が…

f:id:ma2sun:20170503003033j:image

何と店内にサイクルラックがあります。ところでよく見ると、みんな最新のいいバイクですね〜。ブレーキの位置も違っていたりディスクだったり。比べると自分のは完全に旧車です…

f:id:ma2sun:20170503003706j:image

注文はもちろんクロワッサン、そしてコーヒーにしました。クロワッサンは噂どおりの大きさです。さすがにここまでデカイと味は想像が付きます。ライティング後でお腹が空いていたから完食しましたが、普通に来たら無理でしょう。というか、もうオーダーしないと思います。コーヒーはフレンチプレスて言うの?美味しかったです。後、トイレも広く綺麗でした。

f:id:ma2sun:20170503005718j:image

口直し?にもう1軒パン屋さんに寄りました。昔よく行ったパルムドールさんです。新小倉橋近くのカインズの隣にあります。

f:id:ma2sun:20170503010036j:image

こちらのアナナスというパンがお気に入り。中に入っているつぶつぶパイナップルの甘酸っぱさとクリームチーズのコンビネーションが堪らない逸品です。

 

と、最後に脱線してしまいましたが、やっぱり山はサイコー!ですね。特に宮ヶ瀬は開放感があり気持ちいいです。途中、たくさんのサイクリストに出会いましたが、今はどこの場所にもサイクルラックが置かれて便利になりました、自転車天国ですね。また是非走りに来たいと思います。もう少し近ければ文句ないのですが…^^;

 

 *今日のエクササイズデータ*
距離:44.38km
タイム:2時間16分02秒
平均スピード:19.6km/h
カロリー:1187カロリー 

デッキ塗り

GWと言うのに我が家はお出掛けの予定はありません。代わりに課せられているのは溜まっている家の片付けや補修など。その第一弾はウッドデッキのペンキ塗りです。

我が家にはイペ材のウッドデッキがあります。中古住宅として購入した時に付いていたもの。

f:id:ma2sun:20170430135333j:image

恐らく施工して10年は軽く経っています。イペ材は丈夫と言われていますが、最近、ひび割れなど傷みが目立つようになりました。これから紫外線も強くなるため、その前に塗装してやることに。

f:id:ma2sun:20170430134905j:image

昨日のうちに高圧洗浄機で表面の汚れを落とし、灰色だった板はだいぶ白さを取り戻しました。

さて、使う塗料はこれ、オスモのウッドステインプロテクター♯420クリアープラスです。

f:id:ma2sun:20170430155248j:image

以前から自然派塗料としてオスモを使いたいと思っていました。木材の呼吸を妨げないという点が魅力です。

迷ったのは色。当初、外装用は色が付いていないと保護できないと聞かされ色付きを選ぼうと考えていました。しかし、なかなか今のイペの状態に合うものが見つからず、一方、♯420クリアープラスは透明なのに保護効果抜群とのことで、無難な透明に落ち着きました。

早速、周りの柵部分からハケで塗り始めました。が、粘度が高く、なかなか塗料が木材に乗りません。そこでたっぷり付けて塗ろうとすると今度は垂れてきます。取説に書いてある通りに薄く塗り伸ばすのは中々難しい…。格闘しながら1時間、ようやく3面ある柵の1面を塗り終わったところで気付きました。このままでは日が暮れる&塗料が足りない…

ウッドデッキの面積は11m2。塗料は0.75Lが2缶。0.75Lで9m2を2回塗りできるとのことで、柵を含めても余裕かと思っていましたが全然足りませんでした。

そこで方針転換、柵はやめて、床の部分だけ塗ることにしました^^;

床はハケではなくコテバケというという便利な道具を使います。先端にスポンジが付いておりそこに塗料を染み込ませます。

f:id:ma2sun:20170430164108j:image

f:id:ma2sun:20170430164118j:image

これは楽チン、スポンジの幅がウッドデッキとほぼ一緒のため(15㎝)グングン作業がはかどります。その分、塗料の消費も早いですが…

結局、床は1時間もかからず終わりました。塗料は2缶目の3分の2まで消費。GW後半に2回目を塗ろうと思っていたけど、1度塗りでよしとしよう^^;

塗った後はこんな感じ。

f:id:ma2sun:20170430165046j:image

透明と言いながらウォールナットのようなこげ茶色になりました。恐らく、少し経って落ち着けばオリジナルに近い色になるのではと考えています。

何はともあれ、デッキ塗りはひとまず終了です(なんとも中途半端ですが)。これで少しは長持ちしてくれることを祈ります。次回は来年??

 

さて、続くGW中の家事第二弾は、フローリングの塗装の予定です。またペンキ塗り…(ー ー;)

 

 

おかわり

GW初日の今日は朝からいい天気。

そこでまたチャリで湘南平へ。本当は山を走りたいのですが湘南からはどこも遠い。。休みの日は家の手伝いがあり9時には戻らないとカミさんがウルサイのです…(ー ー;)

湘南平のカンバンをスタートしいつものパンダさんを横目に見つつ、今日のタイムは8分55秒でした。おっ!前回より縮まった♩

気を良くしてもっと走りたくなり、2本目に臨むことに。パンダ坂の後半少しバテて結果は9分23秒。あれれ、先週のタイムに戻ってしまった…。3本目は、、やめときました。

 

f:id:ma2sun:20170429145709j:image

新緑が綺麗な山頂

 

*今日のエクササイズデータ*
距離:39.79km
タイム:1時間49分44秒
平均スピード:21.8km/h
カロリー:790カロリー

 

湘南平リベンジ

今朝は雨が上がっていい天気だったので先週に引き続き湘南平に行ってきました。

先週花吹雪が舞っていた桜はすっかり落ちてこんな感じ(花びらでスリップ注意)。

f:id:ma2sun:20170423103520j:image

でも新緑が鮮やかになってとても気持ちいいです♩

今日は試しにタイムを計ってみました。いまの実力(衰えぶり?)を知っておくのもよいと思い。

高根の交差点を左折し、さらに左に曲がった坂の入口から計測を始めました。湘南平は昨日行った湘南国際村に比べるとやはりキツいですね…。スタートからインナーローで、もう下のギアはありません。直線では時速10kmを割りケイデンス40近く。フラつきながらもパンダが見えるまでひたすらガマンです。

そこを過ぎた後はだいぶ楽ちん、軽く流して、結果は9分24秒でした。んー、速い人はどのぐらいなんだろ?

ともあれ、ひとまず自分の基準ができました。とりあえず9分を切るぐらいを目標にこれから鍛錬したいと思います。いつになることやら…^^;

 

*今日のエクササイズデータ*
距離:37.28km
タイム:1時間39分09秒
平均スピード:22.6km/h
カロリー:624カロリー

湘南国際村イド

今朝は曇りでしたが雨は降らなさそうなので湘南国際村に走りに行きました。湘南のヒルクライムでは超定番?と思いますが実は初めてです。

自宅を出て134を鎌倉方面へ。逗子の海岸沿いは高速コースで気持ちいいですね。でもトンネルが多くてちとコワイ…ライト忘れた( ̄◇ ̄;)

長柄の交差点を右折し葉山へ。葉山は昔住みたいと思っていた好きな町です。海も山もあり田舎でのんびりしてるけど何となくハイセンス。しかし通勤が不便なため諦めることに。

葉山町役場を過ぎて左折、すると右手に行列が出来ています。パン屋さんのプレドールですね、以前ハイシーズンに2時間ぐらい待った記憶が…

その先の坂が意外に手強いと思いました、アウターローでゆっくりクリア。

そしてやっと湘南国際村の入口に到着。初めてのコースに気持ちが昂ぶります。

f:id:ma2sun:20170422101423j:image

スタートしていきなり坂が始まります。斜度はそれほどではありませんが、ほとんど真っ直ぐ。インナーの1〜3速で走る感じですね。その後、陸橋の下辺りでかぐわしい田舎の香り?が。その先のトンネルで一旦平らになり一息つけます。

程なく左手にファミマが見えてきてそこを左折。その先もひたすら真っ直ぐですが斜度は緩め。左手に海が遠望できる眺めの良い場所があります。

f:id:ma2sun:20170422105508j:image

そうこうしている内に左手に円形のタワーみたいな建物が現れ、その先はロータリーになっていて行き止まりです。ここがゴールかな?

f:id:ma2sun:20170422105812j:image

f:id:ma2sun:20170422105836j:image

周りは公共施設と住宅街になっており、広々していて気持ちいいですね。昔住んでいた多摩ニュータウンを思い出しました。

感想は、ヒルクライムと言うより尾根幹を走っている感じですね。斜度はきつく無いため登り切った感はありませんが、ペースを保って走ればトレーニングにはなるかも。自分はどちらかと言うとつづら折りの坂が好みのため、まだ湘南平の方がいいかなぁ…^^;

 

とか言いながらも記念にパチリ^ ^

f:id:ma2sun:20170422115312j:image 

 

帰りのコース、このトンネルを抜けると…の景色が好きです

f:id:ma2sun:20170422115420j:image

 

*今日のエクササイズデータ*
距離:39.93km
タイム:1時間48分15秒
平均スピード:22.1km/h
カロリー:677カロリー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルMET

今年は久しぶりにチャリを再開しようと思い、ヘルメットを新調しました。悩んだ末に決めたのはMETのリヴァーレです。

f:id:ma2sun:20170416121538j:image

今まで使っていたのはBELL製。イタリア好きな自分ですが、ヘルメットといったらBELLしかない!とその時は即決でした。当時はクルマのレースに興味があり、レーサーは皆BELLを愛用していてプロっぽいイメージに惹かれたんですね。

f:id:ma2sun:20170416121901j:image

それから十ウン年、最近は色々なメーカーがあってさっぱり分からないため、お店でリサーチすることに。どこのお店にも置いてあり店員さんイチオシなのは、KASKのモヒートでした。被ってみると確かに守られ感というかホールド感抜群。後頭部のバンドが可動式で頭の付け根まで下がり、そこで締められるのです。KASKは2003年創業の新しいメーカーのようですが、パッドの厚みなどを見てもクオリティが高く、人気の理由が分かります。

しかし、被り心地は気に入ったものの、鏡で姿を見てみると何となくキノコ感が強いと感じました。前のBELL製ほどではないですが、カタチがトラディショナルなんでしょうか。イマイチ購買意欲が湧きません。

そこで、被ったときの見た目で選んだのがリヴァーレ。とてもコンパクトでスッキリしています。エアロヘルメット?とかで空力を狙った形状みたいですが、とにかく見た目がシンプルで気に入りました。締め付け調整用のバンドも頭を一周するようになっておりホールド感も悪くありません。

f:id:ma2sun:20170416124059j:image

実際に走って見ても、選んで正解でした。すぐに頭に馴染んで存在を全く意識させません。これは230gという軽さと、もしかしたらエアロ効果とやらもあるのかもしれません。まあ、ビンテージのBELLと比べたら最近のは皆そう感じるのかもしれませんが…^^;